自己破産の時はもちろん、個人再生の時も手続きをするにあたっては債権者全部が対象ですが、一方で任意整理を行う際は債権者ごとに個別に交渉を行うことになっているので、3件あれば3件とも対象にすることもできますが、ふつうは減額幅の大きな債権者に対し手続きをすることになります。
とはいえ交渉そのものは任意となっているので、相手方が応じてくれなければ当該債務の減額は不可能です。例えば親戚や友人の借金の保証人になっているなら、仮に債権者が取り立てようとしてきても債務者に取立てを行うよう伝えて支払いを拒むことができます。

ですが、自己破産や個人再生で債務者が債務整理をして、一部あるいは全部の支払いを放棄した時は、債権者は保証人に対して残りの返済額分の取立てを始めます。これに対する拒否権はありませんが、債権者と話し合いの上で分割払いにしてもらう事は不可能ではありません。債務整理をしてしまったらマイカー資金の借り入れができなくなるんじゃないかという人がいますが、事実、そんな事はないといえます。

それなりの時間、借り入れできない期間が発生するのですが、その期間が経過するときちんとローンを組めるようになるので、心配はいりません。債務整理をしたとしても生命保険を解約する必要がない場合があるのです。任意整理をしたとしても生命保険を解約する必要はないのです。注意する必要が生じるのは自己破産をする際です。自己破産をすると生命保険の解約を裁判所から命じられることがあります。多重債務などで債務整理をした場合、このことがJICCやCICなどの個人信用情報機関の金融事故歴に残ります。記録が消えるまでは、JICCではどのような債務整理を行っても、およそ5年になっています。

また、CICには、自己破産のケースは5年ほど残ると言われていますが、その他の債務整理の場合はとくに記録として保存されることはありません。
この期間中ですが、借り入れできなくなる可能性が高いです。

債務整理が済んだ後は、携帯料金の分割払いができない状況となります。

これは携帯電話代の分割というものが、お金を借りる行為になるからです。
そのため、携帯電話を購入したいのであれば、一括でお金を払って購入することにするほかありません。

名字が結婚したり離婚したりした時に変われば、かつて行った債務整理の記録も仕切り直しになるかどうかと言えばそれは違います。
新しくカードを作ろうとするときに申込書で旧姓を書く部分がある事も珍しくありませんし、本人確認では氏名以外の情報もあります。

そして、仮に審査に通過したとしたって、債務整理の記録が後日発覚すればその時点でクレジットカードが使えなくされたり返却を指示される可能性も見込まれるでしょう。
非常に生活が苦しく債務整理の相談を検討しているけれど、絶対に弁護士事務所に行くところを誰かに目撃されるのは嫌だ。ないし直接事務所を訪ねる暇がないような場合は、メールによる相談ができる事務所もたくさん存在します。やはりやり取りにかかる時間は直接や電話よりも多くなってしまいますが、いつでも人目を気にせず行えるため、一番遠慮なく相談ができる方法と言っていいでしょう。もし債務整理をしたとしても、その影響が身内にまで及ぶことは殆どありません。

身内の中に借金がかさんで債務整理をしたという人がいても、その影響を受けるのは債務整理をした当事者だけなので、家族は従来通り、キャッシングやローンを組むことも可能でしょう。

ですが、そうとは限らない場合があります。

もしも家族の中に、債務者の保証人として名前を貸している人がいれば、その人が債務者の返済義務をすべて背負わなければならなくなってしまいます。
今では貸金業法に基づき、年収の三分の一を超える貸付は出来ないという総量規制があります。
ですが、総量規制が採用される以前に三分の一をオーバーする借入をしていた人もいるでしょう。

そして、貸金業ではないので総量規制の対象とならない銀行からの借入などにより、知らず知らずのうちに借入額が年収を凌ぐまでに大きくなっている場合も珍しいことではありません。
そういった場合はハードな返済になりますので、できるだけ早いうちに債務整理も視野に入れていくべきでしょう。

債務整理をすればその種類は問わず、信用機関にその情報が記録されます。

当然ながら新たな借入などは受け付けてもらえませんし、既に所有しているクレジットカード等も使えなくなります。何年かはクレジットカードを作成することもできないでしょう。
一方、既に契約している債務の場合、基本的に返済義務は残りますから、返済はしていかなければなりません。

債務整理には種類がありますが、いずれにせよ手続きに着手した時点から返済の督促、貸主による連絡行為等はなくなるものです。
けれども、債務整理のうち、個人再生や自己破産を選択したときは借入先全部が手続きに含まれますが、裁判所を通さない任意整理という手続きでは、債権者を選んで減額交渉を行うのが普通です。

というわけで、対象から外した債権者による返済の催促や連絡といった行為は続くと思ったほうが良いでしょう。借り入れ時に保証人を設定していると、保証人にまで債務整理の影響が広がります。
債務整理に選んだ方法に応じてどのような影響となるかは異なり、任意整理や特定調停であれば書類の記入をしてもらうことにはなるものの、保証人は請求を受けません。
ですが、個人再生や自己破産では、保証人に対して債権者から直接請求が出来るようになるため、借入金の全ての支払いを手続きの後は保証人に負担してもらうことになってしまいます。無事に債務整理が済んだ後ですが、信用情報機関に、金融事故としてこの情報が残ってしまうはずです。
こうなってしまうと「ブラックリスト」に名前が載ってしまいますから、長期間、クレジットカードや銀行ローンを利用することが容易ではなくなります。
どのくらいの期間かというと、債務整理では、情報が消えるまでおおよそ5年は見ておく必要があります。

債務整理をした知り合いからそれについての経緯をききました。
月々がとても楽になったそうですごく良かったです。
自分にも数々のローンがありましたが、もう全部完済済みなので、私とは関係ありません。債務整理には欠点も存在しますから、全部返しておいて良かったです。
弁護士が借金の無料相談をする